FC2ブログ
2011 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第9回カブト祭り
2011/07/18(Mon)
第9回目になるカブト祭りは、あいにくの小雨模様。
連休返上で猛暑のなか準備したイベントも、当日の天気次第。
SN3S0142.jpg
この天気ではお客さんも少ないと思いきや、小雨のなか続々とお客さんが来場。
毎年、この手作りイベントにたくさんの子ども達が来てくれる。うれしいことである。
「この地域には、子ども達の声が聞こえなくなった。たくさんの子ども達の声が、地域に響くのがうれしくて、このカブト祭りを続けている」確かそんなことを会長が言ってたような、言ってないような。
しかし、9回も続けば、それなりに充実したイベントになるものである。

○恒例のカブトムシの展示・販売コーナー
今年はなぜかカブトムシの羽化数が少なかったが、何とか100匹程度確保できたようである。
ミヤマクワガタやノコギリクワガタも20セット程度用意ができた。
SN3S0128.jpg
外国産の「アトラスオオカブト」は毎年人気が高い。
SN3S0141.jpg

○ドジョウすくい
4号の「ポイ」でもすくうのは至難のワザ。結局「ドジョウつかみ」となる。
SN3S0133.jpg

○ザリガニ釣り
ザリガニにはやる気がなく、食いつきがイマイチのようであった。
SN3S0132.jpg

○縁日コーナー
毎年、女の子に大人気のコーナーである。
SN3S0134.jpg

○ストラックアウト
男の子に人気。お隣の平川地域の若者の協力をいただいている。
SN3S0135.jpg

○自然薯お好み焼き
今年は、布賀地域で売り出し中の「自然薯お好み焼き」に出店いただいた。
これがうまい! 大人に大人気であった。 
SN3S0137.jpg
人手不足により地域だけでは力不足のため、こうして平川や布賀など近隣の地域と協力し合うことが大切。
今後も益々、近隣地域との連携は必要になってくると思う。

○けん玉模範演技
岡山市の「NPO法人タップ」の子ども達による「けん玉模範演技」とダンスの披露。
けん玉もダンスもお見事!
SN3S0145.jpg
SN3S0146.jpg
子ども達は、昨日から弥高山でキャンプして、今朝「弥高けん玉大会」に出場した後に、カブト祭りにも来場いただいた。我が家のチビ達は、昨日からタップの子ども達と交流し、どうやら「けん玉」に夢中になったようである。


スポンサーサイト
この記事のURL | 弥高昆虫育成会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コスモス種まき
2011/07/16(Sat)
夏本番。高山でも暑い日が続いている。標高は高くても昼間はやっぱり暑い。
今日は、高山協議会で取り組んでいる「花いっぱい」活動として、耕作放棄地にコスモスの種まき。
我が家の農作業で忙しいのに、多くの方に集まっていただき、作業も朝の涼しい間に終了。
一人での農作業は面倒くさいが、みんなでやると楽しいものである。
秋にコスモスが咲き乱れるのが、今から楽しみ!
SN3S01020001.jpg
SN3S01090001.jpg
しかし、耕作放棄地が目立つようになった。我が家から見える棚田も昔は全部耕作されていたが、今はほとんどが耕作放棄地となり、草木が生い茂っている。
子どもの頃に遊んだ小川も、カブト虫を取った山にも近づくことすらできない。
寂しいことであるが、手の打ちようがない。
目につきやすい道路脇の耕作放棄地に、みんなで花を植える。この活動は末永く続けていきたい。
この記事のURL | 高山協議会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
集落アドバイザー講座
2011/07/10(Sun)
以前からお世話になっているNPO法人の「岡山NPOセンター」「まちづくり推進機構岡山」「吉備野工房ちみち」さん。
平成22年度から3者共同で県の委託事業により「中山間地域協働支援センター」を運営され、中山間地域の活性化のための人材の育成や取組のすそ野の拡大のための事業に取り組まれている。
その一環の「おかやま元気!集落アドバイザー支援力向上講座」に参加。

〇詳細はこちら「中山間地域協働支援センターブログ」

「コミュニティ支援の基本を理解する」をテーマに、本日の講師は「AMDA社会開発機構」の竹久佳恵さん。「AMDA」? NGOの取組と集落支援とが結びつかなかったが、竹久さんは、発展途上国で400を超える村のコミュニティ開発事業に従事されてきたとのこと。話を聞くと、たしかに、コミュニティ支援(集落)支援において大切なことは、サービスや資金を「提供」してしまうことではなく、「獲得できるノウハウ」を身に付けてもらうことや、「目の前に見える課題の解決」を通して、「本当の課題」を見つけてもらうことなど、「支援者」の立場に徹して、コミュニティの自助力を高めることは、海外でも国内でも同じである。
SN3S00990001.jpg

(この講座であらためて心に刻んだこと)
・何からとりかかる? →目に見える簡単なことから。短期間で目に見えた成果が必要。
・どうやって住民を巻き込む? →「問題」より「理想」で意識化
・主人公は誰かを見失わないこと。(影の支援者に徹すること。参加者の状況やレベルを客観的に見ること。)
 そして何より「楽しむ」「楽しめる」こと。すべて基本的なことであるが、普段忘れがちなことを、頭のなかで整理し直すことができた。
 しかし、地域リーダーではなく、影で地域を支援しコーディネートしていくことは、誰でも出来る簡単なことではない。それなりのノウハウもいるし、地域からの信頼もないと出来ないこと。NPO等を受け皿として、こういった人材が多く育ち、必要な地域(市町村)に送り込めるシステムが今後求められてくるのではないか。
この記事のURL | 高山協議会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消防団で草刈
2011/07/03(Sun)
高山の消防団で、防火用水等の草刈の後、水出しの訓練。
この時期は、草との戦いである。生活道の草刈、畑の周りの草刈と草刈に追われる日々。
自然が自然に帰ろうとする力は侮れない。地域の過疎・高齢化で草刈が出来る人が少なくなっているのは事実。
10年後には誰が草を刈るのだろうか・・・・。考えると不安である。
ブログ1ブログ2
ブログ3

今日の昼飯は焼肉。そして消防団定番の「ホルモンうどん」。
地域の青年団組織がない今、消防団が世代を超えた地域の後継者の交流の場となっている。
ブログ4


この記事のURL | 消防団 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弥高あじさい祭り
2011/07/03(Sun)
春はツツジ、初夏はアジサイ、夏はキャンプ、秋は雲海…と、四季折々の楽しみ方がある弥高山。
今は「アジサイ」が見頃を迎えている。
IMG_2773.jpg
そんな折に開催された「あじさい祭り」に高山協議会でも出店。高山名物?の焼きそばを販売した。
梅雨らしく、時折小雨も降る天気で、お客さんも少ないと予想していたが、意外にも用意した100食の焼きそばは午前中に完売。
そろそろ特色を出して「高山焼きそば」で売り出すことを考えねば…。
IMG_2746.jpg
その他地元川上町出身のアコースティックギタリスト森川くんと、アイリッシュハープ奏者Machikoさんによるデュオ、「さらさ」の演奏などがあった。
IMG_2786.jpg
「さらさ」についてはコチラ→「さらさ」HP
この記事のURL | 高山協議会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。