FC2ブログ
2011 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
地域づくりワークショップ
2011/11/20(Sun)
講師(ファシリ)にまちづくり推進機構岡山の徳田先生をお迎えし、今後の高山の地域づくりを考えるワークショップを開催。

SN3S05540001.jpg
本年当初、全地域住民を対象とした「今後の高山地域を考えるアンケート調査」を実施。
この結果を基に、今後取り組むべき具体的な事業を考えるのが、本日のワークショップの目的。
高山協議会役員だけで考えるより、老若男女多くの人で知恵を出し合い考えることが大切である。そのプロセスこそが大切なのだ。
SN3S05560001.jpg
具体的な事業案として出された意見は次のとおり。
テーマ:高齢者等が安心して暮らせる仕組みづくり
・高齢者の安否確認と健康のため定期的に「交流サロン、お食事サロン」の開催(子どもも含めて)
テーマ:都市との交流、特産品づくり
・森林保全と特産品づくり、都市との交流を目的に地域住民で「炭焼き」を実施。
・地域の豊富な山菜を活用した特産品づくりと山菜狩りツアーの開催。
・獣害で悩まされる「イノシシ」を活用し、イノシシベーコンづくりで特産化。
・弥高山を核にハイキングコースを設定し、都市住民との交流を図る。(地域の産物による収穫祭も開催)
テーマ:定住者の増加につながる取組
・荒廃農地を地域住民で整備し直し、空き家と併せて新規就農者を誘致し、地域に必要な人材を確保する。
テーマ:地域の環境を守る取組
・荒れた森林を地域住民の手で「紅葉の山」として整備。

もう少し詰めれば、来年度にも実現しそうな企画ばかりである。

同時に、子ども達だけによるワークショップも実施。
SN3S05550001.jpg
「高山で好きなところ・して欲しいこと」、「10年後、20年後の私」について、子ども達の素直な思いは、
・10年後、20年後も高山に住んでいたい
・きれいな自然を守って欲しい
・渡り拍子をもっとPRしたイベントをして欲しい
・子供会、子供向けのイベントをして欲しい
など、考えさせられる意見が。
地域の大切な子ども達の素直な思いだからこそ、大人たちの心にこれ以上響くものはない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 高山協議会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高山地域ふれあいゲートボール大会
2011/11/20(Sun)
今日は集落対抗の「高山地域ふれあいゲートボール大会」。高山協議会の恒例行事である。
地域住民のふれあいのための事業であるが、この日の主役はお年寄り。
ゲートボールでは若い者はまったく歯が立ちません・・・。
お昼には、婦人会から豚汁とおにぎりがふるまわれ、お互いに交流を深めました。
SN3S05500001.jpg
SN3S05510001.jpg
この記事のURL | 高山協議会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高山の秋祭り(秋期例祭)
2011/11/13(Sun)
高山地域の秋祭り前夜。
宮山八幡神社では神事の後、備中神楽が奉納される。
高山地域に夜通し太鼓の音が鳴り響く。
DSC_5271.jpg
DSC_5273.jpg
SN3S05240001.jpg

そして祭典当日。今日は秋晴れの祭り日和。
渡り拍子連は、眠い目を擦りながら朝7時にコミュニティハウスへ集合。
各々衣装に着替え、3班に分かれ各集落を周り拍子を打つ。
今日は地域中に鐘の音が鳴り響く。
各集落では、ご馳走やお菓子が振舞われる。(子どもの頃はこれが楽しみだったな~)
各戸から頂く御花は渡り拍子保存会の運営費として使わせていただく。
こうやって地域全体のご協力を頂き渡り拍子を続けてきた。
DSC_5442.jpg
DSC_5422.jpg

そして午後1時30分に各班は宮山八幡神社へと集結する。
各カラ(カラ:1つの太鼓に4人の組)が競い合うように拍子を打つ。
お宮から神輿が出て帰るまで、2時間も拍子を打つと大人でもくたびれる。小学生の子どもには尚更であろう。
今日は「学習観光ツアー」のお客さんやアマチュアカメラマンも多い。お客さんが多いと拍子連中も元気がよい!
しかし、高齢化が進むなか、神輿の担ぎ手が不足し、拍子連中から神輿にまわっている。
そうなると拍子の方の人手も不足する。今後は何か手を打たないといけない。
もっと地域外に居住する高山出身者に協力を求めないと・・・。
拍子と1
拍子と獅子
DSC_5571.jpg
お宮

この日はみんなクタクタのため、日をあらためての反省会。
例のごとく「きりうみ食堂」にて楽しく、そして熱く語り合う。
最近、地域の貴重な若者(20代前半)3人が、活動にも飲み会にもよく参加してくれる。
うれしい限りである。こうやって世代間の「絆」が生まれていくのである。
SN3S05590001.jpg

この記事のURL | 渡り拍子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弥高周辺エリアの魅力的情報発信構想
2011/11/07(Mon)
8月に弥高山周辺の豊富な地域資源を一体的・効果的に情報発信するための検討を開始したことをお知らせしたが、今回は地域内調査を終えた地域開発プランナーの永田麻美さんから、魅力的情報発信構想についての提案があった。
SN3S05170001.jpg
方向性は「核となる拠点(弥高山)を中心とした各資源の連携」で、
・「郷土料理かっこう」を中心集客装置と位置づけ、上組営農実行組合、農産物直売所等を絡め互いの魅力を引き出す。
・弥高山公園の自然環境をアピールし直し、そこから食に関心のある層を「郷土料理かっこう」に呼び込む。
肝心なのは「すぐに出来ることから着手」ということで、まず弥高山エリアのWebサイトを開設することに。
最初から体験プログラムやツアーを開発することは体制整備の緬から難しい。
やはり、まずリアルタイムの情報を入手できるWebサイトの整備からということ。
問題はどれだけ年配の方々が更新できるか。最初はお手伝いが必要なところである。

打ち合わせ後は「かっこう」の700円日替わり定食をいただく↓↓
(これでもかという田舎料理の品数で人気!)
SN3S05180001.jpg
この記事のURL | 高山地域の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅葉シーズン到来
2011/11/06(Sun)
11月になると山々の紅葉が美しい時期を迎える。
しかし、今年の紅葉は遅れている気がする。
例年より暖かいせいかな。
そういえば、我が家のコタツも未だ出ていない! 
いつもなら10月には登場するのだが・・・。
弥高山の紅葉は今こんな感じ↓↓
SN3S05150001.jpg
SN3S05160001.jpg
今週末は弥高山で「紅葉まつり」が開催される。
今週から気温も下がる予報なので、一気に紅葉もすすむでしょう!
20111102181827_00001.jpg

この記事のURL | 高山地域の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋祭りに向けて(渡り拍子の準備)
2011/11/02(Wed)
11月13日の高山地域の秋祭りに向け、渡り拍子の準備中。
例年この時期は、夜な夜な集まって、とび子の練習と当日の物品の準備を行う。
今年の新子(初めて渡り拍子を飛ぶ小学4年生)は2人。最初は動きを覚えるのが大変。
本来の跳び方ができるのは高校生くらいになってからかな。(本来の跳び方は激しい動きのため)
とび子の半分以上は、地域外に居住しているため、わざわざ練習の度、高山まで来てくれている。
それで、何とか地域の伝統行事が維持できている。
SN3S05060001.jpg
SN3S05070001.jpg


この記事のURL | 渡り拍子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。